2015年09月27日

おもしろ名前のエキノドルス!!

こんにちはマサオαです。

マヨール
11617-1.jpg マヨーる.jpg

スキルウェテリィ レオパード
11681-1.jpg reopa.jpg

今回ご紹介致します商品はエキノドルスの中でも両者とも特徴の違った2種類の紹介をします。
まずマヨールですが、ラッフルソードプラントとも呼ばれ、ブラジル原産の抽水性植物で、湿地や水辺の明るい場所に生育します。大型のエキノドルスで水上葉は硬く、僅かにウェーブがありますが、水中葉は薄く柔らかく、波打つようなウェーブになります。葉は厚く、緑には大きくウェーブがかかり、花柄を出してエキノドルス特有の白色三枚離弁花が咲きます。

次にエキノドルス・スクルエテリィレオパードは丸みを帯びたハート形の葉を持つエキノドルスの仲間の水草です。エキノドルス・スクルエテリィはエキノドルスの仲間としては中型に成長する水草で、大型水槽で状態よく育成した場合、草丈は20〜30cmに達することもあります。

それぞれ特徴的なエキノドルスですがポイントに入れてみてはいかがでしょうか?
この辺で失礼します。
posted by チャーム水草 Blog担当 at 13:45| 水草情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする