2015年11月21日

アクアフルール便 入荷

こんにちは、ミスターK2号です。久々にアクアフルール便入荷しました。
12377-1.jpg
エキノドルス・プルプレア 斑入りのエキノドルスです。
大きさもさほど大きくないので、小型水槽にも導入しやすいです。
安定して入荷しない種ですので、是非この機会にいかがでしょうか。
402607-1.jpg
ミクロソリウム プテロプス・グリーン
こちらもアクアフルールからのみ入荷するミクロです。
ファームで栽培しているプテロプスの中でも綺麗なところを選別して育成したものだそうです。
水上葉で入荷していますが、葉のサイズは充分、根茎もしっかりしていて状態良好です。
50327-1.jpg
クリプトコリネ・ウェンティーグリーン
ウェンティーグリーンは同名称で様々なところから入荷がありますが、
水中化させた時にアクアフルールのものは高光量下でも綺麗な緑の葉を多く展開してくれます。
数多く流通しているものの中には茶色になってしまうものもありますが
綺麗な緑のクリプトが欲しい!という方にはおすすめです。
12791-2.jpg
アヌビアス・ナナ ボンサイ
こちらもアクアフルールがオリジナルをリリースしている種類です。
普通のナナよりも葉が流線型でスタイリッシュなお洒落なアヌビアスです。
チャームでもいろいろなアヌビアスを扱っていますが、
スタッフを思わずうならせてしまうような雰囲気を醸し出しています。
育成自体は容易ですので、是非一度は育ててみて下さい。

アクアフルール、トロピカ社とはまた違ったオリジナリティのある便ですので
是非実際に手にとって楽しんで頂きたいと思います。

posted by チャームスタッフ at 19:43| 水草情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

お待たせいたしました。再入荷です。

こんにちはマサオαです。

480166-1.jpg

480185-1.jpg

480188-1.jpg

長い間お待たせしていましたヒカゲノカズラが入荷致しましたのでお知らせいたします。

ヒカゲノカズラ(日陰蔓)は北海道から九州にかけての山野に自生するヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の常緑性のシダで、学名をLycopodium clavatumといいます。
先端の曲がった針状の葉を茎全体に密生させ、分岐しながら地をはうように成長します。
この独特の姿としなやかで丈夫な性質は、着卵性に優れた天然の産卵藻として養魚場などで盛んに用いられてきました。
また有害なアクも発生させず、光量の少ない屋内水槽においても安心してご使用いただけます。

画像がメダカとの写りになっていますが、エビの集り木やビバリウムレイアウトにも使えるとご評判です。
あくまでも当店での参考になりますが、一ヶ月程度でしたら緑色の状態を保つことが出来ますのでこの機会にメダカにも良し エビにも良し ビバリウムにも良しってことでおひとついかがでしょうか?

この辺で失礼します。
posted by チャーム水草 Blog担当 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

作り方リニューアルしました!!

こんにちはマサオαです。

480146-1タイル.jpg

480149-1プレート.jpg

今回ご紹介いたします商品はリニューアルしましたグロッソスティグマタイルとプレートです。
以前より置くだけ簡単シリーズにてご紹介してきましたタイルとプレートが作り方が変わりましたので今回掲載させていただきます。

以前は糸で巻いていましたが、今回からネットでかぶせるタイプへとリニューアルです。

注意事項としましては、設置の際は軽く底床に埋め込んで使用して下さい。底砂に何も敷かないベアタンク使用時にはネットをとめる金具があるため真っ直ぐにならないことご了承の上お買い求めください。

グロッソすティグマは、地を這う明るい緑の丸葉で底床を埋め尽くす前景草の定番中の定番です。地面をびっしりと覆うように成長する為、同じ前景草でもテネルスやヘアーグラスの様に高さが出ず、広々とした空間を演出することができる種類です。

緑の絨毯を作るには高光量とCO2の添加が必須です。また一旦生長をはじめるとそのスピードが非常に早い為、ソイル系の底床を使用し、葉の様子を見ながら、液体肥料と固形の追加肥料を併用するのがお勧めです。肥料分が不足すると葉の色が抜けて黄色っぽい色合いとなります。

この機会にグロッソスティグマで絨毯をいかがでしょうか?
この辺で失礼します。






posted by チャーム水草 Blog担当 at 11:23| 水草情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする