2015年02月01日

編み編みレース!!

こんにちはマサオαです。

12683-1.jpgレース.jpg

またもや雪!!去年ほど積もらなかったものの交通機関は一部マヒしたようです。寒さの作り出す自然なものなので仕方のないことですが、雪に慣れていない私達には珍しい出来事でした。

さて今回ご紹介する水草はセンタープランツの代表格レースプランツです。その中でも細葉タイプのヴェルリニアヌスを紹介します。

名前の通り、レースのような葉を展開するアポノゲドンの仲間で、古くより珍しく、面白みのある草として親しまれています。センタープラントとして、サイドのポイントとしてレイアウトへの使用範囲は広いです。
綺麗に葉を展開するには低めの水温(24℃以下)と、十分ろ過された水、CO2、底床肥料の添加がポイントです。

アポノゲトンの仲間は休眠期と呼ばれ、葉を落とすことがあります。
枯れてしまった訳ではないので、水槽内でもいずれ葉を展開しますが、多くの種類は球根を濡らしたミズゴケなどに入れ、冷蔵庫などで一度低温にすることにより、また葉を展開し始めることが多いです。

レースプラントと呼ばれるものには3タイプあり、学術的には全て同じ種類とされています。
アポノゲトン マダガスカリエンシス 
アポノゲトン ヘンケリアヌス (広葉レースプラント)
アポノゲトン ヴェルニエリアヌス(細葉レースプラント) 
只今当店では、3種類取り揃えておりますのでこの機会にいかがでしょうか?

それではこの辺で失礼します。
posted by チャーム水草 Blog担当 at 00:00| 水草情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする